未分類

女の子を丸裸にしたい!どこまで見れるか徹底調査

どこまで見れるか徹底調査

好みの女性が脱ぐ→おっぱいを晒す→パンツも脱ぐとなると、最終的にはアソコが見たい!となるのが自然ですよね。

しかし実際にエロチャットで、女性器を見た人はどれほどいるのでしょう。おそらくあまりいないかと思います。多くの女性会員は、アソコをはっきりとは晒さないからです。

どうしてアソコを見せてくれないんだろう…と不満に思う男性もいるはず。ここでは、その謎を解明していきます。

▶性器の露出は禁止されている
結論からお伝えすると、日本ではインターネット上で性器や局部を晒すのが禁止されています。その理由は、公然わいせつ罪にあたるからです。

公然わいせつ罪に問われるポイントは、不特定多数の人間が目にするかどうか。例えば路上で裸になれば、当然罪に問われます。

エロチャットの場合だと、待機中のパフォーマンスや覗き穴サービス、パーティーチャットが特に危険。より多くの男性の目に触れる可能性があるので、公然わいせつ罪になるのです。

男性ユーザーの中には、「1対1で話すテレビ電話なら見せても平気でしょ?」と軽く考えているかもしれません。しかし誰もが自由に登録でき、見ず知らずの人に見せているので、どうしても公然わいせつという見解になるのです。

▶チャットの注意事項に書かれている
ほとんどのエロチャットサイトには、注意事項に「局部や性器の露出は禁止」と記してあります。もし誰かが違法行為を働くと、本人だけでなくサイト自体のイメージダウンに。

局部が見えそうになるとサイト側から強制退室が掛けられ、運営元から厳重な指導が入ります。また警察のお世話になることがあれば、かろうじて逮捕を免れてもペナルティが課せられるのです。

女性会員だけでなく、男性の自身の局部を晒してはいけません。チャットが盛り上がるとつい「見て欲しい」と思う場合もあるでしょう。しかし罪に問わるのは、嫌ですよね。ニュースにでもなれば、かなりの恥。

法を犯さずに楽しむのが、ベストです。

▶どうしてもアソコが見たい人へ
公然わいせつ罪は、日本の法律です。つまり、海外のサイトには適用されていません。海外のサイトに登録すれば、女性器まで丸見えです。(もちろんどこまでサービスしてくれるかは、人によって異なります)

恥部を隅々まで見たいという希望者は、海外サイトに登録しましょう。

<見えないエロを楽しむのも方法の一つ>
見えそうで見えないのも、魅力に感じませんか。全部見えてしまったら、かえって萎えてしまう男性も少なくないはず。見えないからこそ想像をかきたてられ、ムラムラするのです。

日本のサイトを利用するのであれば、「見えないのもいい」と割り切って、自分好みに想像しちゃいましょう。